新川新道整形外科病院 ペインクリニック・漢方内科

硬膜外腔癒着剥離術(保険適応となりました)

「脊椎手術後に残った神経症状」
「脊柱管狭窄症」
「椎間板ヘルニア」でお悩みの方へ

 
 

硬膜外腔癒着剥離術とは?

Raczカテーテルという特殊なカテーテルと、数種類の薬液を硬膜外腔という場所に入れ、神経と周囲組織が癒着しているのを剥がしながら、障害を受けた神経根部を治療する方法です。1989年米国のRacz医師らが開始し、欧米および韓国を中心としたアジアの30数カ国で約200万症例施行され、実績のある治療となっています。日本でも、ここ数年の間に急速に広まり、数百症例行われております。

硬膜外癒着はどうして起きるの?

脊椎の手術、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などにより神経のまわりに炎症反応が起こることが原因となります。

硬膜外癒着があると、何が問題になるのか?

本来脊髄から枝分かれした脊髄神経の根元の部分は自由に動ける状態になっています。硬膜外癒着・瘢痕組織があると神経は脊柱管の中で一定の位置に固定されてしまい、自由な動きを妨げられてしまうため、引っ張られたり圧迫されたりする刺激に敏感となってしまいます。また癒着や瘢痕組織がこの場所を通る神経と脊髄への血液の流れを妨げ、神経のまわりや神経そのものにむくみや炎症を起こします。
こうして炎症を起こした神経自体から、治療に抵抗する痛みが起きてしまいます。
癒着が強い場所では、通常の神経ブロックで注入された薬液は直接炎症を起こしている神経へ届きにくく、十分効果が発揮されないか無効となってしまう可能性があります。

適応

以下の疾患による神経根障害の痛みの中で、薬物、リハビリ、神経ブロックなどの保存的治療に反応が悪く、かつ手術治療の適応がない場合、または手術適応ではあるが手術治療を希望しない場合
・脊椎手術後に残った神経症状(FBSS)
・脊柱管狭窄症
・椎間板ヘルニアなど