新川新道整形外科病院 ペインクリニック・漢方内科

ペインクリニック

お知らせ 硬膜外腔癒着剥離術が平成30年4月より保険適応になりました。脊椎の手術後の痛み、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどのこれまでの治療で改善が思わしくないと思われる方は是非ご相談ください。

痛みからの解放、以前の生活を取り戻すために…

 
痛みはあなた自身にしかわからない、つらい感覚です。
そのつらい痛みを和らげたり、取り除いたりする専門の外来がペインクリニックです。

あなたはまだその痛みを我慢し続けますか?
我慢を続けたり、効果の少ない治療を長期間にわたって続けていると、精神的にも落ち込んだり、他の体調の変化も起き、さらに痛みが増したりと「痛みの悪循環」に陥ってしまいます。
検査をしても痛みの原因がわからないからといって、あきらめないでください。
痛みの原因はわかっているけど、手術もしたくないからといって我慢しないでください。ペインクリニックはあなたのつらい痛みを和らげる手段をご提案し、以前の生活を取り戻すことを目指します。

当院のペインクリニックでは、様々な神経ブロックと薬による治療を行っています。超音波(エコー)を用いた筋膜リリースによる治療も行っております。
詳しくはこちら

薬は通常の痛み止めだけではなく、漢方薬を積極的に取り入れています。
通常の痛み止めはすでにどこかで処方をされていることがほとんどで、それでも痛みがつらい方がたくさんいらっしゃいます。そんな時漢方が非常に役に立ってくれます。

また、Raczカテーテル硬膜外腔癒着剥離術(保険適応)も行っています。今までの神経ブロックがなかなか効果が少なかった方に非常に有効な治療法です。
詳しくはこちら

片頭痛に対しては薬も注射もない、通常と違うアプローチでの治療を行っています。今までの治療で効果があまり出なかった方はご相談ください。

 

漢方内科

痛み、その他の症状にも…

 
現在は西洋医学による治療がほとんどです。しかし、西洋医学だけでは限界があります。もちろん東洋医学にも限界があります。当院では漢方を使って、痛み以外の治療も積極的に行っています。西洋医学の治療であまり思うように良くならない方、他の科に行ったけど「検査では異常はない」と言われ、治療をほとんどしてもらえず、症状の改善がない方、西洋医学の薬の治療に不安のある方など、是非ご相談ください。

漢方薬は長く飲まないと効かないと思っている方がいらっしゃいますが、そもそも漢方薬は急性の病気に使われていました。もちろん長く飲まないと効果がはっきりしない場合もありますが、多くの場合は数日で効果が出ます。早いものであれば数分で効果が実感できるでしょう。


詳しくはこちら

 

糖質制限

糖質制限による糖尿病治療

 
当院では糖質制限による糖尿病治療を行っています。机上の空論を並べるのではなく、もちろん担当の医師自身が糖質制限を日々実践しています。
また当院は日本糖質制限医療推進協会の提携医療機関です。


現在の治療では、年間1万6000人が新たに透析を受けることになり、3000人が糖尿病性網膜症により失明し、3000人が糖尿病の病変から脚を切断しています。

また、糖尿病の方や肥満の方はがんになりやすいとも言われています。がんの種類によっては3倍以上発症しやすいというデータもあります。そして、がんになりやすいだけでなく発症後の死亡率が高くなります。さらにインスリン治療を行っているほうがもっと悪い結果になるといわれています。

高血糖によって起こった動脈硬化は治療で消えてなくなることはありません。これは糖質制限をしても同じです。つまり、血糖値のコントロールができていないと日々動脈硬化が進んでいきます。現在の治療は空腹時血糖が正常化し、ヘモグロビンA1cが低下してきても、常に血糖値が安定しているわけではありません。食事をした後は血糖値は急上昇しています。1か月に1回の採血で見た目の数字が改善してもあなたの体の中では日々糖尿病が進行しています。だから少しでも早く糖質制限を始めることが必要になります。薬のいらない糖尿病治療、インスリン注射もかなりの減量ができ、人によってはインスリンさえも必要なくなる糖尿病治療を是非勧めます。

すでに糖尿病の治療を行っている方は必ず医師に相談して糖質制限を開始してください。糖尿病を発症していない肥満の方はご自分で開始しても構いませんが、医師にご相談いただくとさらに良いアドバイスが受けられます。
詳しくはこちら

 

当外来では、糖尿病だけでなく、健康のため、様々な症状の改善のための適切な食事のアドバイスもしております。
御気軽にご相談下さい。

認知症

認知症治療 コウノメソッド、そしてその先へ

認知症という診断をされて、薬を処方されたけれど、全く改善しないとか、さらに進行したりしたと感じたり、さらには薬を飲んで非常に怒りやすくなったという方はいませんか?また、老人性のうつ病だと思い、病院に行ったけど薬を飲んで廃人のようになってしまったという方はいませんか?
大抵の場合薬を飲んで改善せず、症状が悪くなった場合、病気が進行したというよりも薬が合っていない場合が多いのです。
当院では、コウノメソッドという方法を使って認知症の治療を行っています。コウノメソッドは一人一人の患者さんに合わせた処方を行い、ご家族と一緒に治療をしていきます。
そして、さらに食事を改善することにより、症状の改善と進行を遅らせることを目指していきます。

これまでの認知症治療に疑問を持っている方はご相談ください。

診療日・時間

診療の曜日・時間について

診療曜日

月曜日 水曜日

受付時間

9:00~12:00(ただし、初診の方は11:00までにご来院ください)
第2水曜日のみ、午前に加えて午後13:30~17:00も診療を行っております。(ただし、初診の方は16:00までにご来院ください)

ご注意

急患などにより臨時手術、緊急手術等でやむを得ず外来診療が行えない場合がありますので、ご了承願います。
御来院の際は、お電話などでご確認ください。

はじめて受診される方へ

ペインクリニックの受診の流れ
 
1.ペインクリニックの診療時間に受付をお済ませください。
 保険証、受給者証をご提示ください。
 紹介状があればご提示ください。
 問診票をダウンロードして記入してお持ちの場合は受付でお渡しください。

2.問診
 問診票にお書きください。

3.診察・検査
 医師による診察を行います。
 通常の診察だけでなく脈診、腹診、舌診など、漢方治療のために必要な診察も行うことがあります。
 必要な場合、血液検査、レントゲン検査、 CT検査などを行います。

4.治療・処方
 神経ブロックの適応となって同意された場合、症状や部位に応じた神経ブロックを行います。
 神経ブロックの後はブロックの種類に応じて安静時間が必要です。( 10分~ 1時間程度)
また、必要に応じて薬を処方します。
漢方薬や西洋薬のどちらかまたは両方を処方します。

5.会計・薬の受け取り
 診療がすべて終了したら待合室でお待ちください。
 お名前をお呼びしましたら、受付にお越しください。
 診察券をお渡しします。次回の受診時にお持ちください。
 お薬の窓口で呼ばれましたら、お薬をお受け取りください。
 
 
・現在飲んでいる薬があれば、受診当日お薬手帳や、その他薬の内容がわかるものを必ずご持参ください。
・現在または過去に受診している病院でレントゲンや MRIなどの検査をしている場合、できる限り受診当日ご持参ください。
・状況により安静時間が延長する場合があります。
・神経ブロックをした場合、帰りの車の運転をすることができない場合がありますので、ご承知おきください

アクセス

病院名

新川新道整形外科病院

住所

〒001-0925 札幌市北区新川5条4丁目2-8

電話FAX番号

011-763-0110

JRでのアクセス

学園都市線 新川駅より530m

バスでのアクセス

①地下鉄34条駅より 中央バス 西66 新道西線  新川5条5丁目下車 徒歩5分
②地下鉄24条駅より 中央バス 北73 新琴似2条線 新琴似2条2丁目下車 徒歩5分

駐車場

25台


新川新道整形外科病院
〒001-0925
札幌市北区新川5条4丁目2-8

TEL / FAX:011-763-0110

お問合せ

当院へのお問い合わせは下記時間にお願いします

 
◆平日
午前 9:00~12:00
午後 13:30~17:00

◆土曜日
午前 9:00~12:00

電話: 011-763-0110